FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.26 chordpro2html
その昔、ギターのコード譜をテキストで表すchordpro形式をPostScriptで出力するchordを、日本語化した。
ps2pdfなんかもあるし今でも使えないことはない。しかしISO-2022-JPしか受け付けなかったり半角混ぜられなかったり他にも細かいバグがあって、直す気にはならない。
今では、GuitarTeXなるものがあって、日本語化している人もいるようだ。

しかしLaTeX環境も今は手元になくて、めんどくさい。
で、お世話になってるJ-Totalのように、HTMLで表現できんじゃね?と考えた。

スタンドアロンアプリケーションでは、chord2htmlは、GDとか色々いるようだ。
chordpackは、perlのせいか一部日本語が通らない上、tableで整形してる。

Webで提供されているものでは、WebChordは日本語がまったく通らない。perlのソースが公開されているが、日本語を通すやり方は調べないと分からない。
Guitar Tutor WorldのConverterFormは日本語が通る。position:absoluteとposition:relativeを両方使ってうまく表現している。absoluteが適用された要素は、後に続く要素の配置に影響しないのだ。
CSSで印刷できないようにしているのを直そうとしてもソースが見当たらないのは残念だが、chord gridも表示しているし移調までできるし完璧?と思ったものの、コードが詰まっていると文字が重なることが判明した。英語では一文字ごとにコードを乗せたりしないけど、日本語だと漢字一文字ずつに乗せたりするからねぇ。

あとはWikiでの実装PmWiki | Cookbook / ChordProが面白いが、PmWiki自体で一応日本語が通っているものの、編集画面で数値実体参照になってしまう。
はてなはウクレレ譜実装してるけどね。

そこで作った。
chord gridを出すのは面倒だし自分では必要ないけど、J-Totalへのリンクもつけてみた。
そしてCGI化。chordpro2html

で、問題はギターがないことなのだが。

著作権を侵害するファイルを変換して不特定多数に公開するのはやめましょう
なんかOLGA停止してるしね・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。